移籍・契約関連情報

フランクフルト指揮官、来季ボルシアMG入りで合意か…監督に対するリーグ史上最高違約金10億円が発生

記事の内容

両クラブともノーコメント

長谷部誠や鎌田大地が所属するフランクフルトは、アディ・ヒュッター監督を失うことになりそうだ。ドイツ紙『ビルト』によると、同監督は今夏のボルシア・メンヒェングラットバッハ(ボルシアMG)入りで合意したという。

2018年夏にフランクフルト指揮官に就任した現在51歳のヒュッター監督。ボルシアMGがボルシア・ドルトムント次期監督に内定のマルコ・ローゼ監督の後任として迎え入れることが濃厚になりつつあるようだ。

報道によると、ボルシアMGはすでにヒュッター側とは2年契約+1年延長オプションで合意済みとのこと。さらに、フランクフルトには750万ユーロ(約9億8000万円)といった監督に対する違約金としてブンデスリーガ史上最高額を支払うという。

一方、両クラブともこれら報道に関して正式なコメントはなし。ボルシアMGのマックス・エーバルSD(スポーツディレクター)は先日、「誰が新しい監督になるかについてはしばらく前から明確な考えがある」と話すにとどめていた。

なお、ヒュッター監督が今夏にボルシアMGに渡るとなれば、フランクフルトは退職が決まっているブルーノ・ヒューブナーSD、今夏の退団が濃厚のフレディ・ボビッチ執行役員に続いて3人目の重役の退団を強いられることになる。

引用元

 

1:名無しさん@さかまと!

来年まででいいからどうにか残ってほしいな。鎌田と長谷部がいることもあるけど、
今のフランクフルトというチーム自体がとても魅力的。CL出れたら本当に楽しみ。

 

2:名無しさん@さかまと!

これは相当痛いのではないか。フロント陣として3人も抜ける、かつ影響力のある監督もとなると
来季は例えCL出場権取ったとしても今と同じようなチーム戦力で継続出来るかは不透明になりそうだな。

 

3:名無しさん@さかまと!

多分、鎌田の1番の良き理解者だし、どの選手よりも優先的に考えてただけにとても残念。
良いチームが出来、CLも含めて来季はどこまでやれるのかとても楽しみだったのに…

 

4:名無しさん@さかまと!

ヒューブナー&ボビッチがさる前に後任監督が決められないと、CLに出れても悲惨なことになる。
予算規模が限られるだけに監督力が重要なチームだし、チーム運営がきちんとしないと主力の残留も怪しくなってくる。

 

5:名無しさん@さかまと!

来期は鎌田も長谷部の器用にも影響が出るかも知れないね。
CLの出場権を獲得したらもう1シーズン残って欲しいのが本音。

 

6:名無しさん@さかまと!

フランクフルトも新たなサイクルに入りそうだから
鎌田あたりは移籍の良いタイミングかもね。
新しいプロジェクトが始まったら
求める選手像も変わるだろうから

 

7:名無しさん@さかまと!

長谷部の来季にとっても影響がデカい人事ですな。
監督が交代したとしても、存在価値を見せつけて頑張って欲しい。
あ、鎌田も。

 

8:名無しさん@さかまと!

せめて長谷部が引退するまでいて欲しかったな。
おそらく鎌田は2年以内にはステップアップすると思うけど。

 

9:名無しさん@さかまと!

うん、仕方ない。これだけ評価してくれる監督の移籍は長谷部には痛いが、オレでも待遇が良い方にいく。当たり前。

 

10:名無しさん@さかまと!

ブンデスってこういうの多いよね
クラブの序列とビジネスライクな選手や監督の引き抜き

 

11:名無しさん@さかまと!

アロンソもボルシア監督合意あってから白紙に戻ったから正式な発表あるまでわからんな

 

12:名無しさん@さかまと!

こんなタイミングで出されたら選手はモチベーションが下がるだろうな。CLのかかった大事な時期なのに。

 

RSS フットボールアンテナ

-移籍・契約関連情報
-, ,

Copyright© サカまと!【サッカーまとめ】 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.