特集・コラム・インタビュー

【悲報】A・デイビスが遠藤航の足首踏みつけてレッドカードのシーンが痛そう

記事の内容

バイエルンのカナダ代表DFアルフォンソ・デイビスがクラブキャリア初のレッドカードを受けた。

バイエルンは20日に本拠地で行われたブンデスリーガ第26節でシュツットガルトと対戦した。

10分、バイエルンが左サイドでスローインを得ると、A・デイビスがFWロベルト・レヴァンドフスキにボールを預け、ライン際で折り返しを受ける。

しかし、トラップが大きくなると、詰めてきた日本代表MF遠藤航の足首を踏みつける形に。最初はイエローカードが提示されたが、VARの末、一発退場が命じられていた。

2016年にメジャーリーグ・サッカー(MLS)のバンクーバー・ホワイトキャップスでプロデビューを飾り、2018年夏からバイエルンでプレーしているA・デイビスだが、これが自身のクラブキャリア初の一発退場となった。

それでも、試合はレヴァンドフスキが前半だけでハットトリックを成し遂げるなど、終わってみればバイエルンが4-0と快勝。遠藤は77分までプレーした。

なお、A・デイビスは2017年9月に行われた国際親善試合のジャマイカ戦でもレッドカードを受けており、キャリア通算では2度目の一発退場だった。

引用元

 

1:名無しさん@さかまと!

はい、これで辞退な!
みんな、理由つけて来なくていいぞ!
政治的親善試合なんか……ほんとに怪我でもしたらどおすんねん!

 

2:名無しさん@さかまと!

リプレイを見る限りでは故意的なものではなかったとは思う。

 

3:名無しさん@さかまと!

故意には見えにくいけど、明らかに体重かけてる

 

4:名無しさん@さかまと!

11人揃っていたらどうなっていたのやら

 

5:名無しさん@さかまと!

あのスピードなら何しても凶器になるよ。無事で良かった。

 

6:名無しさん@さかまと!

これレッドカードは少々厳しい

 

RSS フットボールアンテナ

-特集・コラム・インタビュー
-, ,

Copyright© サカまと!【サッカーまとめ】 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.